top of page
検索

アレクセイ・トルストイ  苦難的歴程

普段は滅多にテレビを観ないが、先日はNetflixで懐かしいタイトルに目を奪われ、珍しく12話の連ドラを最後まで観た。

「ロード トゥ カルバリ 苦難の道」

見覚えがありますか?

少年時代に読んだ本の記憶が急速に甦る。アレクセイ・トルストイの名著、中国語訳は「苦難的歴程」という。スターリン時代を生きた作家だから、独裁者への個人崇拝や極権政治に対する謳歌は免れない。そういう意味では、Netflix企画で2017年に公開されたドラマの方が原作を超えて権利への媚びを脱し、人の世の癒され難き根本的悲しみや無力感を描き出している。

全話を結んだ言葉も好きです。


血に染まったこの暗黒の時代は、私たちの歴史に深く刻まれている。




今天星期天,向大家介紹一部電視劇。

我一般很少會有時間看連劇,可是日前在Netflix「偶遇」劇名便不忍離開。少年時代閱讀的蘇俄名著—-阿列克賽·托爾斯泰的「苦難的歷程」。你有記憶麼?

原著寫於斯大林時代,無可避免地充溢著個人崇拜的諛詞。在這一點上,由Netflix策劃製作、2017年公開的本劇遠超原著。四位主人公的結局也更加令人信服。

且不提當今俄國政體如何,站在改編原著的視座,便可知道俄羅斯藝術家們對蘇聯歷史的反思非常深刻。

共12集,雖然也有銜接突兀之處,不過基本上劇本、演員、攝影、音樂均佳。悲壯的歷史長河緩緩流去,沒有現下商業主義的虛炫;結尾的台詞尤其感人。如是說:

血に染まったこの暗黒の時代は、私たちの歴史に深く刻まれている。

對歷史的反思,最需要的是跨出第一步的勇氣。


閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

36 己に言い聴かせたいこと

時流れ、季節移ろう。 日本に来て満36年になった。 上海で過ごした歳月よりも遥かに上回ったこの日本は、 己にとってはもう故郷? それとも異国のまま? 年々この日になると、心の中では自ずと変わらぬ儀式が行われる。 願わくは、 枯寂なる心にもせめて平安あらんことを。 そして悲嘆せざるを得ぬは、 時の追えざることと世事の占い得ざることならん。 何よりも痛むべきは36年来、 故国はわれらの望む方向に行くど

ダイアナ ショート 中国語バージョン

最新の音楽ソフトによる古い歌の修正の試み: オリジナルテープ=1986年、広州太平洋影音会社発行「48ヒット 欧米ポップスメドレー」B面 「ダイアナ」(歌い手:莊魯迅) 最新音楽ソフト=Logic Pro 11(先日、11年ぶりの大規模アップデートが完了。機能が大幅に向上しました😊) 手順: 歳月の損耗で歪んだオリジナルテープを上記のソフトで分解。伴奏を削除し、歌のトラックを生かす。また、歌のト

Comments


bottom of page