検索

上海、ロックダウン! 続報(中文在下方)

「方倉病院」の劣悪たる環境について、4月10日のBlogですでに触れました。


雨が降ると、隔離室の中は「飛流直下」の勢いだ。



エスカレートする暴力ーー


日本のメディアも報道しています。

「ロックダウン中の上海で集合住宅を(新型コロナ陽性者)隔離施設にするため、元の住民らを強制的に退去させる様子を捉えた動画が拡散し、波紋を広げています」と。


日本媒體報道:

「在封城的上海,為了將大型公寓改製成(新冠陽性者)隔離設施而迫使原居民離開的一段視頻引起了轟動。」


あまりにも理不尽な施策に、住民たちは激しく抵抗した。

4月14日、警察部隊は現場へ出動。

ハンドスピーカーを通して吐き出された警察の言葉ーー「違反」、「社会秩序撹乱」、「清場(排除)」、「依法処理(法に則って処罰)」、「即刻退去」などは自らの権利を守ろうとする住民らの胸に刺さった。

反発した住民に対して、警察はいよいよ声を荒らげ、強硬排除に出る↓


(關於視頻的描述大多出於畫面中的對話,恕不一一翻譯)


連行された男性住民↓


違う角度から↓

撮影した女性は警察に向かって「彼の家には孕った妻がいるよ」と叫んでいるが、その声が届かなかったようだ。


住民の絶叫:「これでも中国の(人民)警察なのか⁈」↓

胸を痛めずにはいられない。

老人も暴力の対象になったようだ↓

女性も逃さない。憤慨して前に出ようとする若者、その先が心配だ↓

比較的に一部始終を捉えた映像↓

家に孕った妻がいるという男性も映っていた。

何よりも痛ましいのは、跪いて権利を主張する男女の姿だ。

建国した1949年、高々と「中国人民が立ち上がった!」と宣言されたはずなのに…


下面是一段比較長的視頻。

可以看到那位「家中有孕婦」的男性被拉走的場面。

然而更令人痛心的是,21世紀他們竟只能跪著伸張自己的權利。

建國當初,不是已經向全世界宣布了「中國人民站起來了」嗎?!


昔日のホンコン、今日の上海、明日はどこになるのだろうか?

昔日之港,今天之海,明朝會是哪兒呢?


警察口中爆出的話令人震驚!



これらの映像を整理するために、

心を痛めずにはいられない、

涙を流さずにはいられなかった。

それでも記録する必要があると、わたくしは思っております。


星期天,為了整理這些視頻

我不禁又心如刀絞老淚縱橫。

但我覺得還是有必要記錄下這一切。

因為

這是我魂牽夢縈的故鄉,

這是我日夜思念的人們!

我不能對你們喊「加油」,

只能

從心底

為你們

也為我自己

祈禱!


公正

平安

自由

尊嚴


與我們同在!





閲覧数:7,105回4件のコメント