top of page
検索

写真日誌 6/13



一輪だけですが、艶やかなり。


大好きなエリゲロン。年々少しずつ開花領域を広げているようです☺️




6/12の板書。『資治通鑑』の一節を背景に王維の作品を語りました。


音楽製作に新たな利器が加わった。日々精進💦☺️


いつのライブの写真だったのか…


閲覧数:46回2件のコメント

最新記事

すべて表示

断じて赦せない!

【速報】中国で日本人の親子が刃物で切りつけられる 命に別状なし 男は「日本人学校」送迎バスに乗車図り・・・阻止を試みたバス会社女性は重体 蘇州市…… 上の速報は皆さんもすでにご覧になったかと思いますゆえ、全文引用は避けましょう。 あってはならないことですし、断じて赦せない行為です。 靖国神社に小便をかけた男、吉林市でアメリカ教師らを殺傷した奴、蘇州で起きた日本人を狙った殺人未遂、ゾッとする事件が相

2 Comments


Guest
Jun 13

エリゲロンは先月、バス駐車場からの崖のあちこちに咲いていて、同じ株から白とピンクの花が揺れていました。あまりに可愛いので家で調べて5月頃に知りました。

バラとよく合うように、イングリッシュ・ガーデンに植えられます。

ギリシャ語でエリは早い、ゲロンは老人だそうで、日本語版は源平小菊なのだそうです。

花言葉がいいのです。

「遠くから見守ります」

出発の花束にも添えられるみたいです。遠くにいる大切な人への気持ちをこめて。


Like
荘魯迅
荘魯迅
Jun 13
Replying to

興味深いお話ですね。ありがとうございます。

語源がギリシャ語にあるというのもなんとなくうれしいですね。もっと大切にしましょう。

Like
bottom of page