top of page
検索

写真紀行・蓼科の旅・最高の重陽

10/22,11:30 JR八王子駅であずさ17号(特急)に乗って茅野駅に向かう。所要時間は約1時間半。今回は、ともに漢詩を学んできた友人・帆足さんご夫婦よりご招待をいただき、錦秋の重陽を蓼科高原で過ごすことになった。


10/22,11:30 在JR八王子站乘坐AZUSA17號特急向茅野站進發。約一個半小時順利抵達。這次承蒙長年共研漢詩的友人帆足伉儷之熱情招待,計畫在蓼科高原歡度重陽。



宿泊は、標高約1,400mにあるハーベストクラブ会員制ホテル。われわれ4人による二泊三日の重陽を祝う旅が始まったのだ。


宿於海拔1,400m的HARVEST CLUB會員制HOTEL。三天兩夜的重陽之旅開始了。



ホテルの中および周辺


HOTEL的設施以及周圍環境



敷地内の散策記念


HOTEL園內的散步紀念




10/23=農暦九月九日=重陽。午前、電車で下諏訪町へ。


10/23=農曆九月九日=重陽節當日。上午,乘電車去下諏訪町。



諏訪大社秋宮を訪ねたいからである。


為了參拜高名的諏訪大社秋宮。



大社を出てから中山道へ。江戸時代参勤交代の宿場として設けられた本陣に立ち寄った。お茶をいただきながら、しばし幽玄の意境に浸る。


離開大社後漫步走向有名的中山道。特地拜訪了江戶時代為參勤晉謁制而設的驛站--本陣。喝著濃郁的抹茶,享受片刻幽玄的意境。



そして甲州街道を下った。


然後,下甲州道。



碧空万里にして道長し。

帰り来たりて、菊の酒で群山と乾杯。「人生最高の重陽のために」と!

風景は極めて妙なり。


萬里青天道且長,

歸來菊酒賀重陽。



10/24,6:33 御来光を迎える。


10/24,6:33 朝陽出山。




旅はあっという間に終わりましたが、心豊かな三日間でした。帆足さんご夫婦の至れり尽くせりのおもてなし、麗しい風景と美食、そして人生最高の重陽に心より感謝を申し上げます!


重陽之旅須臾而過,美好的回憶會永留心底。深深感謝帆足伉儷關懷備至的款待,感謝醉人的秋色,更感謝難忘的重陽佳節!

閲覧数:198回1件のコメント

最新記事

すべて表示

お詫び Youtubeショート 青いバラ 君に捧げる歌

久しぶりの更新になります。 これまでも読んでくださった方々には、大変申し訳ないと思っております。 様々な事情があったにせよ、心よりお詫びを申し上げたく存じます。 重圧には慣れていますが、親しい友人に重圧がかかってもがいているご様子には慣れていません。思わず同じくもがきだし、心も暗がりに沈んでゆきます。 しかしずっとこうしていては、その友人たちに逆に悪い影響を及ぼてしまうのではということに気がつきま

1件のコメント


小岩千賀
小岩千賀
2023年11月04日

ご来光 日の出前 太陽が顔を出す少し前 薄紫の山並みと明るくなりかけた空の色がとても神秘的ですね。空気も澄んで寿命が延びるような気がします! 


いいね!
bottom of page