検索

沖縄講演の旅は忘れ難く、詩を以て感懐を述べる琉球行即事感懷 絕句三首

沖縄講演の旅は忘れ難く、詩を以て感懐を述べる

琉球行即事感懷 絕句三首


其一 題李杜講演會

沖縄

泣鬼驚神歌李杜

催花綠柳舞風雨

百川激濺接青絲

一曲滂沱連碧宇


その一 李杜講演会に題す


鬼を泣かせ神を驚かせて 李杜を歌い

花を催し柳を緑にして 風雨を舞わしむ

百川(ひゃくせん)は激濺(げきせん)として青系に接し

一曲は滂沱(ぼうだ)として 碧宇(へきう)に連なる

注釈:百川=百川 海に帰すと言う熟語があるゆえ、ここで百川を海と解す。

   青系=碧海を背景に降ってくる雨が青い系のように見える。



其二 夜遊海灘


朱顏粉黛醉金卮

白浪黃沙摩玉姿

天地溫情澆塊壘

枯榮悲喜貴相知


その二 夜 海灘に遊ぶ


朱顔(しゅがん) 粉黛(ふんたい) 金卮(きんし)に酔い

白浪 黄沙 玉姿(ぎょくし)を摩(な)でる

天地の温情は塊壘(かいらい)を澆(そそ)ぎ

枯栄悲喜(こえいひき)とも 相知(あいし)るを貴(たっと)ぶ

注釈:金卮=金の杯。杯の美称。

   塊壘=日頃、胸中に鬱積してきた愁い。


其三 雨中留別


題沖繩海邦岳風會上原會長、伊波副會長、沖繩歷史民俗學者仲里先生、長江会会員新里女士等諸賢雨中深情相送。


雨落玉陵琉槿紅

大鴻搏翼欲騰空

群賢折柳拳拳意

盡在纏綿春浪中


その三 雨中の留別




雨 玉陵(ぎょくりょう)に落ちて 琉槿(りゅうきん) 紅なり

大鴻 翼を搏(はば)たいて空に騰(おど)らんと欲す

群賢 折柳(せつりゅう) 拳拳(けんけん)たる意は

尽(ことごと)く纏綿(てんめん)たる春浪(しゅんろう)の中に在り

注釈:玉陵=那覇市の名所。

   琉槿=琉球スミレの一種。わたくしが漢語らしく綴ったもの。

   大鴻=飛行機

   折柳=古代中国では、離別に臨んで柳の枝を送る風習があった。

      折柳とはすなわち送別や相思の意を表す。

沖縄

1回の閲覧
荘魯迅
  • 荘 魯迅 | Facebook
サイトのお問合わせ: 荘魯迅 音楽事務局(日本) TEL:080-6426-0377(清水) TEL:090-2909-4385(小岩)

Copyright (C) 2019 Zhuang Lu Xun Music Office. All Rights Reserved.