top of page
検索

第一次 LIVE!

昨日、自宅での初LIVEを行いました。

「荘魯迅 LIVE IN BRICK HOUSE No.1 」と名づけて。



蔓延予防法実施の前日なので、定員は厳しく十名以下と改めさせていただきました。


LIVEの主旨は、長年にわたりわたくしの活動を支えてきてくださった「友の会」の皆さんと、「荘魯迅支援プロジェクト」ご参加の方々への感謝を表すため。


「友の会」の全称は、「我愛長江 荘魯迅友の会」。1997年成立。

会員の多くは25年来、荘魯迅と音楽や文学の歓びを分かち合い、人生の悲喜を共にしてきた方々です。



そのような皆さんを新居で迎え、歌を以て感謝の意をお伝えすることができたらと、わたくしは切に願っておりました。


そして昨日はその第一回目でした。



願わくは、

荘魯迅 LIVE IN BRICK HOUSE No.1

No.2、No.3…

と、恒久に続けてゆかんことを。


参加者からのメッセージを掲載させていただきます。


音楽には全人格が宿る。

悲しみは悲しみのままに。

荒削りの怒りは怒りのままに。

歓びは歓びのままに。


皆さん、ありがとうございます!

でもわたくしは自問したい。


君はどうして悲しむ?

君はどうして怒る?

君はどうして歓ぶ?


答えはこうだーーー


わたくしは


人間だからであると。



ちなみに昨日ご参加できなかった「友の会」の方には、

今後開催されるいずれかのライブにおいて1回ご招待の特典付与をさせていただきます(「友の会」事務局)。必ずまたお会いして、一緒に高らかに歌いましょう。


以下は中国語です。




第一次 LIVE!

昨天在新居舉辦了第一次LIVE,題名為「荘魯迅 LIVE IN BRICK HOUSE No.1」。




因為是日本政府實施「蔓延預防法」的前日,所以我們不得不把參加人數嚴格規定於十名以下。


LIVE的主旨是為了向長年支持我的「之友會」和去年參加了「2021支援計劃」的朋友們傳達我心中的感激。


「之友會」的全稱為「我愛長江 荘魯迅之友會」,成立於1997年。

25年來,許多成員與荘魯迅共享音樂和文學的喜悅,可稱悲喜與共的至友。



結廬迎至友,歌聲傳我情

這是我久來的切盼!

昨天,便是第一次實現。



願:

荘魯迅LIVE IN BRICK HOUSE No.1

No.2、No.3…

連綿不斷以至恆久!


意譯一段昨天參加者的感言。


音樂中寄託著全部的人格。

悲傷無法隱藏

粗獷的憤怒必須吐露

而歡樂,唯有坦誠的靈魂才能擁有


感謝親愛的朋友們!


但我還欲自問:


君為何悲?

君為何怒?

君為何歡?


回答只有一個大字:


人!




閲覧数:386回4件のコメント

最新記事

すべて表示

お詫び Youtubeショート 青いバラ 君に捧げる歌

久しぶりの更新になります。 これまでも読んでくださった方々には、大変申し訳ないと思っております。 様々な事情があったにせよ、心よりお詫びを申し上げたく存じます。 重圧には慣れていますが、親しい友人に重圧がかかってもがいているご様子には慣れていません。思わず同じくもがきだし、心も暗がりに沈んでゆきます。 しかしずっとこうしていては、その友人たちに逆に悪い影響を及ぼてしまうのではということに気がつきま

4 comentarios


豊かな楽曲は突き抜けるような迫力の高揚感。天賦の才いまだ衰えず。でも、称賛は他の方々が仰るでしょうから、印象に残ったことをお話します。


第一回ということもあり、歌い手と聴き手の間の緊張感は半端のないものでした。

感染拡大の二年間は、大きな辛苦とすこしの喜びをもって、困難な時をくぐる連続でした。そうでなかった者などいない、、、たれか心に傷の無き。


この心優しい男が

まれにみる音楽家が

なおも人間を愛情をもって謳おうとする


聴き入りながら我々は、というか、わたしはどう思ったでしょうか。応援すると言いつつ、むしろ貰ってばかりだったかもしれない。


帰路、黄昏の光を映す多摩川を眺めながら、満足感とともに複雑な思いに捉われました。

なんだろうと手探りしていると唐突に浮かんだのは、

(なじかは知らねど心わびて 昔の伝えぞ そぞろ身にしむ)

気分は合っているので、さらに記憶を辿ると、音楽の授業で習ったハイネのローレライの歌でメロディも思い出しました。ミッション系の学校でした。

船乗りが美し乙女の歌声に聞き惚れて波間に沈むという、歌の魔力を詠ったものです。

歌の本質は「魂」だの何だの持ち出さずとも、人を惹きつける力にこそ在るのでしょう。


ライン河のローレライはちょっと古風でしたが、さらに辿れば、ギリシャ神話オデュセイアのセイレーンに源があり、物語や最近ではアニメにも、このモチーフが使われるそうです。

ご存知でしたか?スタバのマークもセイレーン。香りに誘われてしまいます。


いろいろな想いをとおくへと巡らすことのできた一日。

武蔵野丘陵には、街中とは別の空気が流れていました。

遠きを尋ねて、遠くを帰る。

BRICK HOUSE LIVE No2 ぜひ!おすすめです!


Me gusta
Miembro desconocido
25 ene 2022
Contestando a

ありがとうございます。


お見通しですね。

わずかの時間と空間にどれほどの緊張が充満していたかを!


そのほかのお言葉は鞭撻としていただきました。


No.2はもちろん、できたらNo.無数に続けたい😀またのご参加をお願いします。


若い頃はハイネを愛読しておりました。かの赤い本以外すべて読んではならぬと言われた時代に。名状し難い心の痛みを知った、という記憶が残っています。


どうりでスタバには惹かれてしまいますね😀


改めて参加された皆さん、否、わたくしと同じように緊張感を抱きそのLIVEを共に作り上げた皆さんに感謝を❤️

Me gusta

まん防適用の1日前、微妙な時期でしたがほぼ2年ぶりのライブに参加できて、嬉しくて興奮気味でした。相変わらず伸びやかな歌声、懐かしい曲と最新の楽曲と多彩なメニューでした。次にお会い出来るのはコロナ蔓延状況次第ですが、また伺いたいです。素敵なホールで贅沢な空間です。会員の皆様次回は是非お出掛けください。

Me gusta
Miembro desconocido
21 ene 2022
Contestando a

参加されたのみではなく、力を合わせて共に作り上げたLIVEです。感無量! 本当にありがとうございます! しばらくはマンボウに努めましょう。新緑の季節になればきっと、よりいい歌ができると信ず。感謝!

Me gusta
bottom of page