top of page
検索

茅ヶ崎へ

先日は突如に一日の休みを得られ、二十年ぶりに茅ヶ崎へ向かった。


ネットで知ったことだが、かねてより見たいと思ったアルフォンス・ミュシャの個展が市の美術館で開催中だと。もっともつい最近まで八王子市夢美術館で展示されていたのに、どうしても行く時間が作れなくて残念がっていた。今度こそ、見逃さないぞと決めたわけである。


北野からはかなり遠いはずであるが、幸いなことに遠い割には電車の乗り換えが少ない。読み物をしたり車窓外の景色を眺めたりしているうちに到着。それでも軽食を取った時間や道を迷った時間なども入れれば、おおよそ一時間半はかかったものだ。




アルフォンス・ミュシャ(Alphonse Mucha 中国では阿爾豐斯・慕夏と表記される)は、19世紀のアール・ヌーヴォ運動の主将の一人として、美術史上においては極めて深遠な影響を残したアーティストと言えよう。展示された作品は70数点に及び、満足度はとても高い。わたくし自身にとっても、非常に啓発的な意味があると思う。









伝説の20点からなる『スラヴ叙事詩』こそ、見ることはできなかったものの、初期の作品に溢れんばかりの飢えと瑞々しさに、わたくしは心を打たれたのだ。


収穫満々なる一日、うれしさと感謝を抱いてゆっくりと来た道を戻る。茅ヶ崎の名物である生しらすを食べることも決して忘れたりせずに……


今日の戸外活動は七時間以上に及び、歩数は1万3千ほど😀


ありがとうございました!


感激不盡🌹

閲覧数:124回0件のコメント

最新記事

すべて表示

断じて赦せない!

【速報】中国で日本人の親子が刃物で切りつけられる 命に別状なし 男は「日本人学校」送迎バスに乗車図り・・・阻止を試みたバス会社女性は重体 蘇州市…… 上の速報は皆さんもすでにご覧になったかと思いますゆえ、全文引用は避けましょう。 あってはならないことですし、断じて赦せない行為です。 靖国神社に小便をかけた男、吉林市でアメリカ教師らを殺傷した奴、蘇州で起きた日本人を狙った殺人未遂、ゾッとする事件が相

댓글


bottom of page