CDアルバムの紹介

《時の結晶》

時の結晶 もう一度光の中へ

2017年発行 CDアルバム

あれから三十年が経った。上海は今と違い、街灯も暗かった。闇に慣れた眼で機窓から下を見ると、まぶしく東京の光が輝いて近づいて来た…。

一万回の日月!途切れずに自らを励ましながら歌ってきました。日本語を学び、日本語で歌い、もう異国とは呼べない歳月の中で、祖国を想う心を持ち続けて、困難な道をひたすら越えて進んできたと感じます。

天の原は望郷、嫦娥は孤独、時の結晶は光を求める愛の歌です。故郷と愛する人へ捧げた流離の思い。歌の言葉が胸をはげしく叩くので、川面や海の光のように心が波立ちます。

曲の多くは時を超えて結晶し、人びとの中に生き残った歌でした。

いま、しのび足で近よる満々たる力をこめた予兆をわたくしは、あなたは、読み取れるだろうか。風が襲い、草という草は震え、泥水が押し寄せて、止め処ない争いや辛苦を人は逃れ行く。ただ忍耐と愛をもって。

どれだけのことが起きるのか。どれだけのことが過ぎゆくのか。

それでも、なお世界は残り、歌は残る。一筋の光のように。

一片冰心在玉壷

​あまの原  試聴  

あまの原 - 荘魯迅
00:00 / 00:00

■ 曲目:

1.《あまの原》

  阿倍仲麻呂作

  作詞:藤村崇・荘魯迅

  作曲:荘魯迅

2.《嫦娥》

  作詩:李商隠

  作曲:荘魯迅

3.《時の結晶》もう一度光の中へ

  作詞/作曲:荘魯迅

4.《夜来香

  作詞/作曲:黎錦光

5.《春暁》

  作詩:孟浩然

  作曲:荘魯迅

■ 販売価格:

2,000円(税込み)

《長江奔流》

2012年発行 CDアルバム

滔々たる長江のように

意万重

歌ってなお、余るものがある。それを伝えたい。

 

《だからこそ》

愁いの夜。友人のメールに書かれた詩に、闇の中の閃電のごとく触発されて、この歌が生まれた。インスパイアされたのは自由と公平をめざして行進した、インド独立の父ガンジーの辞世の詩。

束縛があるからこそ 私は飛べるのだ

悲しみがあるからこそ 高く舞い上がれるのだ

逆境があるからこそ 私は走れるのだ

涙があるからこそ 私は前に進めるのだ

詩に秘められた強靱な精神に心をうたれ、中国語と日本語の両方で歌詞を書き、「私」だけでなく「ぼくたち」が共有する心の歌とした。

 

《あなたはどこにいますか》

天変地異と人間世界の嵐が交差した年にこの歌は生まれた。己の命を削ってもと思うような人を失う無常感…。ああ、過去に自分は同じ思いをくぐり抜けてきたはずだ。かつて革命や戦争のなかで別れざるを得なくなり、音信不通になって安否すらわからぬ人もいる。その方たちに再び会いたい。会いたい。

強く願えば叶うと信じるのだ。夢とも現実ともつかぬ静かな夜、その人が不意に現れたり、ちいさなつむじ風になったり、たゆたう一筋の光に化けたりする。ふっと、懐かしいつぶやきが聞こえた瞬間、その時こそ、近況を知りたくて彼らが会いに来てくれたに違いない。われわれの日常を案じるあまりに。

渾身の思いでつくった哀婉な歌は、和声16人からなるコーラスで次第に力強さを増し、やがて無情な夜が明ける予感に満たされる。

 

《長江》

胸の痛みに耐え切れず、12歳の少年は独り旅に出ようと思い立った。愛する人は容赦なく傷つけられ、年老いた祖母もまた監禁された。

「なぜだ、なぜだろう?」

この誰にも答えてもらえない疑問を抱え、少年はガランとした家に別れを告げた。ポケットには一文もなく、食糧は去年の末に配給された落花生の一握りのみだった。

満員列車に紛れ込んで、あてもなく西へ向かった。ある駅で降りた少年の耳に河の轟きが聞こえてきた。足を速めて雑木林をぬけた彼の眼前に、大きな河が流れていたのだ……。

限りない孤独の旅路で、少年は初めて長江を知り、その偉大さに心をうたれた。

■ 曲目:

1.《勅勒の歌》

  北朝楽府

  作曲:荘魯迅

2.《君の胸の奥まで》

  作詞:海耕太郎

  作曲:荘魯迅

3.《だからこそ》

  マハトマ・ガンジーの詩より

  作詞/作曲:荘魯迅

4.《あなたはどこにいますか?》

  作詞/作曲:荘魯迅

5.《涼州詞》

  作詩:王翰

  作曲:荘魯迅

6.《もう一度》

  作詞/作曲:荘魯迅

7.《垓下の歌》

  作詩:項羽

  作曲:荘魯迅

8.《Yume》

  作詞/作曲:荘魯迅

9.《ローズ》

  作詞/作曲:荘魯迅

10.《望月懐遠》

  作詩:張九齢

  作曲:荘魯迅

11.《康定情歌》

  四川民謡

  訳詞:荘魯迅

12.《長江》

  作詞/作曲:荘魯迅

■ 販売価格:

2,500円(税込み)

《風行天》

2004年発行 CDアルバム

天上を行く風のように自由、限りない自由。その自由へのあこがれを歌うアルバムのタイトルを、「風行天 feng xing tian」にしました。

風行天(かぜ、てんをゆく)

出典は『周易』によりますが、原文は「風行天上」です。

想像してみてください。天上を行く風が、どんなに爽快で、自由に満ちていることかを。

この幸せを、音楽を通して、このCDを聴いてくださる皆様、そして平和、自由、音楽を愛する世界中の人々と分かちあいたいと希望し、タイトルを「風行天」にしました。

■ 曲目:

1.《静夜思》

  作詩:李白

  作曲:荘魯迅

2.《恋歌》

  作詞/作曲:荘魯迅

3.《相思曲》

  作詞/作曲:荘魯迅

4.《I’ll follow you》

  作詞/作曲:荘魯迅

5.《いい夢を見るまで》

  作詞/作曲:荘魯迅

6.《風蕭蕭》

  作詩:荊軻

  作曲:荘魯迅

7.《行かないで》

  作詞/作曲:荘魯迅

8.《你》

  作詞/作曲:荘魯迅

9.《阿拉木汗(Alamuhan)》

  新疆民謡

  訳詞:荘魯迅

10.《春暁》

  作詩:孟浩然

  作曲:荘魯迅

■ 販売価格:

2,500円(税込み)

《月のセレナーデ》

「月のセレナーデ」と「Don't cry for me,my sweet lady」で贈る愛の夢

■ 販売価格:

1,000円(税込み)

1998年発行 CDシングル

《風と雲のように》

1996年発行 CDアルバム

日本で発表した初のアルバムです。

来日9年目、1996年に製作。拙いところも大いにありますが、さまざまな思いをこめた一枚になります。

テーマソング「風と雲のように」は、一九八六年に作られた中国映画『鼓浪嶼丸』の主題歌。長年国を離れて南洋諸国をさまよった映画の主人公が、故郷をしのびながら歌った曲です。一九八八年、荘魯迅が来日した後、この歌は中国で作曲大賞を受賞しました。

■ 曲目:

1.《月光、故郷、そして心》

  中国古曲

  作:荘魯迅

2.《牧歌》

  蒙古楽曲

  作:荘魯迅

3.《草原情歌》

  青海民謡

4.《天の声》

  作詞/作曲:荘魯迅

5.《君にバラを》

  ウイグル民謡

  訳詞:海耕太郎

6.《愛しい人》

  作詞:海耕太郎

  作曲:荘魯迅

7.《愛の響き》

  作詞/作曲:荘魯迅

8.《漁家女》

  江南漁歌

9.《信念》

  作詞/作曲:荘魯迅

10.《風と雲のように》

  作詞:王運輝・荘魯迅

  作曲:荘魯迅

  訳詞:海耕太郎

■ 販売価格:

2,500円(税込み)

朗詠CD 《李白と杜甫の生涯》

2007 NHKサービスセンター

李白と杜甫、激動の時代を生きた詩人たちの生涯を現在、中国文化・歴史の講師として活躍中の上海出身のミュージシャン、吟遊詩人の荘魯迅が自身の半生を重ねて熱く語ります。講演途中で登場する漢詩の朗詠は時空を超えて我々の心に響いてきます。

NHKサービスセンター

■ 収録内容:

1.《ぶんかだいかくめいの記憶》

  

2.《国破れて山河あり》

  杜甫

3.《早に白帝城を発す》

  李白

4.《老いと望郷の狭間で》

  

5.《漂泊を続けた理由》

  

■ 販売価格:

2,100円(税込み)

朗詠CD 《漢詩・不朽の名作》

2003 荘魯迅事務所

現代中国語の朗読(30首・拼音付)

古風の朗詠(30首)

日本語の朗読(3首)・江南の古調(1首)

■ 収録内容:

1.《鸛雀楼に登る》

  王之渙

2.《涼州詞》

  王之渙

3.《滕王閣の詩》

  王勃

4.《天門山を望む》

  李白

5.《湖上に飲む、

   初め晴れ後雨ふる》

  蘇軾

6.《黄鶴楼》

  崔顥

7.《秋思》

  張籍

8.《早に白帝城を発す》

  李白

9.《勅勒の歌》

  北朝楽府

10.《咸陽城の西楼にて晩眺す》

  許渾

など……

■ 販売価格:

2,000円(税込み)

荘魯迅
  • 荘 魯迅 | Facebook
サイトのお問合わせ: 荘魯迅 音楽事務局(日本) TEL:080-6426-0377(清水) TEL:090-2909-4385(小岩)

Copyright (C) 2019 Zhuang Lu Xun Music Office. All Rights Reserved.