音楽最新作の紹介

《長相思》の作詞/作曲について

Lyrics & Music 荘魯迅

红楼梦开卷第一回中,有这样一段故事。
时有赤瑕宫神瑛侍者,常在天河岸上行走。看见河畔一棵绛珠草,迎风摇曳十分娇娜可爱,遂日以甘露灌溉。日复一日年复一年,这绛珠草受甘露滋养,终于脱却草胎,幻化人形修成女体。只因未报灌溉之恩,故其胸中自有一段缠绵不尽之意。
正逢神瑛侍者意欲下凡了尘缘,那绛珠仙子便欲随之而去,道:“甘露之惠,无以为报。我将一生所有的眼泪还他便是”。
神瑛侍者转生为贾宝玉,绛珠仙子便是女主人公林黛玉。从而开始了刻骨铭心,摧人肝肠的人间悲恋。
我的[长相思]中有一句歌词 “不知今生该流多少泪水,才能报答你无边的情意” 便来自于[黛玉还泪]的故事。
谨以这首长相思,献给真心爱过我,我也深爱的你。
古典小説『紅樓夢』の冒頭に、このような物語がある。
天界の俊英・神瑛侍者はあまの川を行き来するうち、絳珠草(こうじゅそう)という一本の草に出会した。風にそよぐその可愛らしさに心を奪われ、日ごとに甘露をかかげてきては絳珠草に注いだ。歳月が流れ、絳珠草は甘露の恵みを受け続けたおかげで遂に草木の形を脱し美しき乙女の姿に化身した。しかし未だ甘露を注がれた恩に報いる術もなく、胸中に募る思いはいや増すばかり。
ちょうど神瑛侍者が浮世に降り幻の縁(えにし)を閲(けみ)せんとするにあたって、絳珠草は、“甘露の恩には報いようとも報い切れぬ。わたくしも下界に生まれ変わり、一生に流せるだけの涙を彼に還せばよろしいわ”。と心に決めた。こうして神瑛侍者は賈宝玉(かほうぎょく)に転生し、絳珠草はヒロインの林黛玉(りんたいぎょく)に。運命の二人は悲しい恋に終わるとも知らず、互いを恋慕し止まないのであった。荘魯迅の「長相思」は、この物語からインスパイアされ作られた曲である。
謹んでこの「長相思」を捧げます〜〜〜誰かに真心で愛され、そしてその誰かを深く愛して止まざるあなたに。

《長相思》の故事

荘魯迅の解説、是非お聴きください。

  • 長相思ナレーション
  • -
  • 荘魯迅
00:00 / 00:00

長相思,創作的契機來自於古典名著;歌唱的是人類古今未來不變的情。在作曲、編配、錄音方面,我特意採用了70年代末80年代初country music的feeling。意欲重新點燃我們心底被淡忘的愛的傷痛、喜悅和憧憬。

 

「長相思」は、古典名著から触発を受けて作りました。歌いたいのは、恒久不変なる人の情である。

作曲、アレンジおよび録音においては、わたくしは敢えて70年代の末から80年代の初期にかけて深く愛されたcountry musicのfeelingを採用しました。願わくは、われわれの心底に消えかけた愛の痛み、悦び、そして憧れを再び蘇らせんことを。

「長相思」歌バージョン

for YouTube

「長相思」全編バージョン

for YouTube

「長相思」オリジナル限定版ネックレス

「長相思」限定版ネックレス
「長相思」限定版ネックレス
「長相思」限定版ネックレス

※記載の写真はAタイプの14金ペンダントです。

Aタイプ

・材 質:14金ペンダント、赤唐豆、皮革チェーン

・サイズ:ペンダント直径22mm

・専用ケース付属

・価 格:45,000円(税込)送料別

Bタイプ

・材質:シルバー925 ペンダント、赤唐豆、皮革チェーン

・サイズ:ペンダント直径22mm

・専用ケース付属

・価格:8,500円(税込)送料別

このネックレスは作曲家、詩人、歌手の荘魯迅さんの新曲《長相思》の為にデザインしたオリジナル限定商品です。

ペンダント部分は開けることは可能です。中に赤い唐小豆一粒を含まれています。この赤唐豆は中国蘇州の有名な中国式私邸である周家ガーデンの中、“紫蘭小築”という庭に植えてある320年の樹齢を持つ樹から摘み取ったもので、極めて珍しい赤豆であります。

この豆は古詩文の中ではよく相思相愛の象徴とされています。(詳細は下記の荘魯迅の解説をご参照ください。)日本では“相思子”(そうしし)とも呼ばれています。ペンダントは正面から中の唐小豆を覗けるように、唐草模様でデザインし、裏面には荘魯迅先生から直筆をした“長相思”サインと組まれました。

デザイナー紹介:

在日ジュエリーデザイナーの呉鴎さんがデザインを担当しました。 呉さんは荘魯迅さんの友人であり、ファンでもあります。来日30年、現在 株式会社XIVの取締役副社長の重任をしています。中国では、トップレベルのアートデザインの総合専門教育機構、上海視覚芸術大学ファッション学院の教授としても活躍されています。まだ、日本と世界のジュエリーデザインコンテスト数多く受賞されました。

“遠い昔、ある女性は戦に行かされた夫の帰りを待ち望んで、来る日も来る日も古木の下に佇んでいた。しかしやがて迎えたのは、夫の帰還どころかその戦死の知らせだった。泣き悲しんだ彼女の目から、血のような紅い涙が流れて古木の根に滴る。悲しみの果て、彼女は愛する夫の後を追ったが、古木の枝からこれまで見たこともない紅い豆が実り始めた。紅い豆は、彼女の愛と命を痛んだ古木が、彼女と同じ紅い涙を流して実らせたものだ、と人々は思った。それ以来、紅い豆は「紅豆」と呼ばれ、「相思子(そうしし)」という異称を持つようになった。また首飾りや耳飾りに使われ、人を思う気持ちを表すものになったのである。”

出典:荘魯迅著『漢詩・珠玉の五十首』(大修館書店)P135「愛と友情の象徴」より。

荘魯迅
  • 荘 魯迅 | Facebook
サイトのお問合わせ: 荘魯迅 音楽事務局(日本) TEL:080-6426-0377(清水) TEL:090-2909-4385(小岩)

Copyright (C) 2019 Zhuang Lu Xun Music Office. All Rights Reserved.