top of page
検索

杜牧の「漁父に贈る」、白居易の「初めて官を貶せられ望秦嶺を過ぎる」及び楚辞にあった「漁父」の原典 その影響と困惑  杜牧「贈漁父」,白居易「初貶官過望秦嶺」,楚辭中「漁父」之原典 數千年的影響和困惑 

26日(水)は夏休み前の最終講。

今日のメインは杜牧の「漁父(ぎょほ)に贈る」。


26日星期三,是暑假前的最終講義日。說是「最終」,這只對漢詩講座而言。八月上旬,我將正式突入題名為「與中國文學對話」的暑期集中講義😊。所有教材都已完成,並上傳至和光大学Portal。笑曰:書劍皆齊備,只期風雨來。

這天(26日)的主要課題是杜牧的「贈漁父」。原始素材,出於屈原的「漁父」。「漁父」雖短,但展示了兩種絕然不相容的人生態度;給後世文人留下至深的影響和困惑。此後有無數文人借用這個素材,以不同的美文抒發了近乎千篇一律的唏噓呻吟;美則美矣,然意相雷同,經不起玩味推敲。而杜牧却在「贈漁父」中,寄託了他堪稱獨特的思索。


原始の素材を尋ねれば、屈原の「漁父」にたどり着く。それは、中国後世の文人たちの精神世界に測り知れぬほどの影響、あるいは困惑を与えたものだ(困惑とは何かは講義中に)。




プリントの一部を掲載しますので、よかったらぜひご覧ください。

上傳一部分教材,敬請閱覽。


白居易初貶官 杜牧贈漁父
.pdf
ダウンロード:PDF • 122KB



時事に関しても、熱く(?)議論を繰り広げられた。


体の中の熱を冷ますよう、今日は上海っ子の愛飲品ーー「氷鎮薄荷緑豆薏米湯」をみんなで食べた。美味しかった!


課後大家熱議時事,然後以「清熱解毒」的名義祭出了「冰鎮薄荷綠豆薏米湯」,清涼爽口味道不錯😊



炎暑が続く中で、皆さん、お疲れさまでした!


酷暑時節,大家辛苦了!





閲覧数:131回2件のコメント

最新記事

すべて表示

36 己に言い聴かせたいこと

時流れ、季節移ろう。 日本に来て満36年になった。 上海で過ごした歳月よりも遥かに上回ったこの日本は、 己にとってはもう故郷? それとも異国のまま? 年々この日になると、心の中では自ずと変わらぬ儀式が行われる。 願わくは、 枯寂なる心にもせめて平安あらんことを。 そして悲嘆せざるを得ぬは、 時の追えざることと世事の占い得ざることならん。 何よりも痛むべきは36年来、 故国はわれらの望む方向に行くど

ダイアナ ショート 中国語バージョン

最新の音楽ソフトによる古い歌の修正の試み: オリジナルテープ=1986年、広州太平洋影音会社発行「48ヒット 欧米ポップスメドレー」B面 「ダイアナ」(歌い手:莊魯迅) 最新音楽ソフト=Logic Pro 11(先日、11年ぶりの大規模アップデートが完了。機能が大幅に向上しました😊) 手順: 歳月の損耗で歪んだオリジナルテープを上記のソフトで分解。伴奏を削除し、歌のトラックを生かす。また、歌のト

2 Comments


屈原の漁夫辞は高潔、高邁。端午節の粽やドラゴンボートの由来は

いちおう知っています。その真ん中にあるのが大観の絵。

実はその三点がわたしの中ではバラバラに存在しています。

講義に出ていないのにコメントします。雑感と言いますか。


いまの現実があまりに変なことが多すぎるのと被っているので、

雑な意見になっていますが、読んでください。

屈原が魚に食べられてしまわないように粽を撒いて、ボートを漕ぎ

出して助けようとしたほどに、民衆に愛された大詩人。

それなのに、要らない文化や迷信の文化は必要ないという意見も、

時に耳にしたことがあります。広い大きな国ですからね。


一方、最近ネットで見た写真にぶっ飛びそうになるほど驚きました。

夜空に光り輝く見事なドラゴン。1500機のドローンが龍になって

空を飛ぶ龍船節のショーです。深センだからね、と思いつつ、河から

夜空へ、、、中国的な飛躍の凄さに、絶句しました。

キレイで見事でしたよ。Googleの検索で見ることができます。

屈原はもはや河の中には居ないのでしょうか。


数年前、100機のドローンでも自由自在に攻撃の編隊を組めると

聞いて、なんだか恐ろしいなと思っていたのが、ここまで、、。

自機の位置確認をしながら飛んで、見事な絵となっているドラゴン。

恐るべし。


屈原は世俗の泥にまみれたくない人でした。

そして、今回の洪水では、援助に出動してるよ〜という感じの

地方公務員が、泥の道でキレイな汚れていないクツで行進する様子

が問題に、、。ヤラセ? 一体、どうなっているんだ?

上が動かない時に突出するのは、批判と見做されて危険だから?


考えなくて良い事を考えてしまい、考え過ぎを反省しつつ、ヘンな

様子に気がつかない鈍感さは、すでに、一つの退廃ではないか。

人間性の荒廃ではないのか、激動の世に、それを心配しています。






Like
Unknown member
Aug 11, 2023
Replying to

なんでもありえる世の中になってしまいました。まさに「聊斎志異」の世界です。

コメント、ありがとうございました。

Like
bottom of page